2013年

9月

10日

新刊(03号)と創刊号(01号)につきまして

みなさま、お仕事お疲れさまです!

 

03号、今度は早く出るようなことを02号の末尾に記載しておきながら遅れておりまして、お恥ずかしい限りです。反省しております。問い合わせがたくさん入っているようで、本当に申し訳ありません。03号、ただ今鋭意製作中です! 充実した取材が連発でしたし、新たに御登場いただける方もたくさんです。よってプレッシャーも最高潮で、産みの苦しみを味わっております、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。経過・内容紹介等は、こちらでまた御報告させていただきます。

 

01号、小社の在庫分が品切れとなりました。

小誌は細く長く売れる傾向のようで油断していましたが、取り次ぎから注文を頂戴し、残り少なくなっていた在庫が一気になくなってしまいました。残部少→残部僅少と表示を分けるつもりでしたが、御迷惑をおかけします(それにしても、もっと一気になくなってくれても一向にかまわないんですが)。

 

本日の京都新聞に、ホンモロコの産卵に環境ホルモンが悪影響を及ぼす可能性についての記事が掲載されていました。環境ホルモンの実態については諸説あるようですが、具体的に分かることも出てきたようです。それにしても琵琶湖の魚貝類も大変です、今になって、まだこんな事が明るみに出てくるのですから。

 

それでは、失礼します。