2014年

6月

19日

フィッシュクラフト展とビワマス釣りイベントの御案内

素敵なイベントの御案内をいただいておりますので、取り急ぎ、開催順に御紹介させていただきます。

 

その1

京都駅南の「イオンモールKYOTO」内「モンベル京都駅前店」にて、東近江市在住の木彫フィッシュクラフト作家、福永和明さんによる展覧会が行われています。福永さんは、サカナヘンノヒトタチ展のメンバー。渓流釣りで出会った思い出の一匹の記憶を原寸大のフィッシュクラフトにして、イラストやエッセイと共に発表されています。フライマンは魚の記憶を写真で残すことが多いようですが、その感動をより違ったかたちで大切にしたい方々から依頼がくるのだそうです。額から飛び出しそうな、ピチピチした原寸大のフィッシュクラフトは、釣りを愛しているからこそ制作できるのでしょう。29日まで開催されていますので、お近くを通られる方は、ぜひ!

http://kyoto-aeonmall.com/shop/detail/133

http://fishcraft.exblog.jp/

 

その2

ビワマス釣りに興味のある方に朗報です! ビワマスに興味はあっても、釣りをするのには許可証が必要であったり、沖に出るための装備が必要だったりで、あきらめている方も多いと思います。この度、ビワマスを専門にガイドしているトローリング船のキャプテン方が協力して、ビワマス釣りの体験イベントを開催することになりました(企画・主宰=ファイブオーシャンマリーナ所属の藤本キャプテン/協賛=北琵琶湖レイクトローリング遊魚船グループ)。通常のガイドよりかなりお得な料金で気軽に参加できますので、一度参加されてはいかがでしょう。ビワマスのトローリングは、静から動への変化がすごいんです。シビアな日には、竿先にアタリがでたら即座に対応しないとバレてしまうので、絶えず竿先に集中しないといけない。そのあたりのことが分かってくると、竿先を見る目も変わってきちゃいますよ! 雄大で幻想的な北湖の景色を鼻歌まじりで眺めていたら、魚が逃げちゃうんです。また、ビワマスの引きが強いのにも、ビックリすることでしょう。緊迫感のある釣りです。 当日はトレトレのビワマスも味わえるそうですよ! ガイドを受けるときは許可証はいらないので、御安心ください(2014年現在)。

 

開催日/7月27日(日)

開催場所/大浦のファイブオーシャンマリーナ(連絡先電話→0749・89・0014 三村さんまで、定員30名につきお早めに)

http://fomarina.com/laketrolling.html

 

 

何週か前の釣り番組でコアユ釣りが放映された影響もあるのか、北湖の湖西の浜辺でコアユ釣りを楽しむ方が増えているようです。カップルや子供連れの方も多くて癒されます。私が見た浜では、コアユ釣りの方々が帰った後に、釣りのゴミは全く落ちていませんでした。ずっとそんな状態が続いてほしいです。初めての方は車を止める場所が分かりにくいようですが、湖岸沿いにある小さな公園の駐車場や湖水浴場の駐車スペース、湖西線の駅前のパーキング、キャンプ場などに止めるとよいと思います(無料・シーズン中は有料・平日は無料など、条件は様々です)。7月からは湖水浴が本格的に始まってしまいます。これからは、川で楽しむ方が多いですよ! 琵琶湖から吹いてくる風が湿り気を帯びていて、非常に気持ちがよい季節です。コアユも、ルアーでも、いろいろと釣れているようです。ぜひ、釣りにおでかけください。

 

取り急ぎ、失礼致します