2016年

9月

29日

過ぎ行く夏と配達の日々 近況報告1

米原の「フィッシングスポーツなかにし」さんの前の浜。9月7日、配達の途中に撮影
米原の「フィッシングスポーツなかにし」さんの前の浜。9月7日、配達の途中に撮影

 みなさま、お疲れさまです。さて、06号の発刊後、いろいろとあわただしい日々を送っております。おかげさまで、追加注文をいただいたり、新規取り扱い店が増えたりもしております。万一、毎号申し込みをされている方で未だ届いておられない場合は、御一報いただければ幸いです。

 

 夏の終わりに本ができて、配達で飛び回る日々でした。ここ一カ月の、ドタバタ生活の合間に撮ったスナップの一部を、数回に分けて紹介させていただきます。

 

 配達中の車の運転席から眺める琵琶湖は、日々違った顔を見せてくれます。編集部から比較的近いエリアや琵琶湖周辺の取り扱い店様に、時間がかかっても自ら直接お届けすることにこだわっているのですが、実はそれには、それなりの理由があります。忙しくされているお店の方々にはお手をわずらわせ本当に申し訳ないのですが、やはり実際に足を運ぶと面白いネタをお教えいただけたり、琵琶湖で起きたホットな(釣りの)事件のことをうかがえたりします。また、お店の棚を見せてもらったりしている内にも、いろいろなことが思い浮かびます。アナログな「本」を志している身にとっては、何より重要な時間なのであります。

 

 遠くのお店ほど届くのが遅いという、タイムラグにて御迷惑をおかけし、心苦しいのですが、今後も出来る限り、このスタイルでやっていこうと思っています。来たら来たらでうるさいとは存じますが、お取り扱い店の方々におかれましては、どうぞ、優しく接してやってください! すいませんです、よろしくお願い致します。また、毎回、本の入荷を待っていただいております読者の皆様、このようなわけですので、あたたかく見守って頂ければ幸いです。

 

 

 今年はまだまだ暑いですね、25日の日曜日はカヤックで北湖に浮かんでいたんですが、まだ蝉(ツクツクボウシ)の声まで聞こえてきました……次号以降の取材も、スタートしています。あわただしい毎日ですが、水辺ですごす時間は大切にしていきたいです。

 

「フィッシングスポーツなかにし」さん。米原の湖岸道路沿いにあります
「フィッシングスポーツなかにし」さん。米原の湖岸道路沿いにあります
東近江の「原田釣具店」さんの店内には、懐かしい針や仕掛けが
東近江の「原田釣具店」さんの店内には、懐かしい針や仕掛けが
「原田釣具店」さんの店先。車は2台くらい駐車可能
「原田釣具店」さんの店先。車は2台くらい駐車可能
9月初旬、確か近江八幡を通過している時。見渡す限りの稲穂!
9月初旬、確か近江八幡を通過している時。見渡す限りの稲穂!
06号完成待ちのタイミングに、湖水浴。ちっとも琵琶湖で泳いでいなかったので、夏を取り戻すべく北湖西岸へ。浅瀬で楽しそうに泳ぐチビども
06号完成待ちのタイミングに、湖水浴。ちっとも琵琶湖で泳いでいなかったので、夏を取り戻すべく北湖西岸へ。浅瀬で楽しそうに泳ぐチビども
9月11日に開催されたスミスさんの「スーパーストライクデイ in 琵琶湖」に参加。フィネス社の小林さん(赤いポロシャツの方)が持参・展示くださったコレクションに感嘆の声が! ゴールデンアイの「マーベリック」と、コットンコーデルの「ビッグO」が、ずらりと並んでました
9月11日に開催されたスミスさんの「スーパーストライクデイ in 琵琶湖」に参加。フィネス社の小林さん(赤いポロシャツの方)が持参・展示くださったコレクションに感嘆の声が! ゴールデンアイの「マーベリック」と、コットンコーデルの「ビッグO」が、ずらりと並んでました
オールドプラグの前で微笑んでおられるジェントルマンは、『バサー』誌の初代編集長や、また『つり人』の編集長も勤められた三浦修さんです
オールドプラグの前で微笑んでおられるジェントルマンは、『バサー』誌の初代編集長や、また『つり人』の編集長も勤められた三浦修さんです
ハリソンにガルシアなどフロッグが一杯。小林さんのコレクションのおかげで、「あの頃」にタイムスリップできました
ハリソンにガルシアなどフロッグが一杯。小林さんのコレクションのおかげで、「あの頃」にタイムスリップできました
キャーッ! ビッグOやー!!
キャーッ! ビッグOやー!!
どなたかのコレクション。中央に「バスクルーダー」が! お祓いしなければ!!
どなたかのコレクション。中央に「バスクルーダー」が! お祓いしなければ!!