『Walton』便り

2022年

7月

27日

11号、読者プレゼントの締め切り日が迫ってます!

続きを読む

2022年

7月

22日

最近のおすすめです-②

続きを読む

2022年

7月

01日

最近のオススメです−①

 新刊、おかげ様で好評です。ようやく少し落ち着きましたが、取材、取材で忙しくしております。

  さて、オススメの釣り本の御案内です。
『超 ゼロから始める釣り入門』(山と渓谷社刊)といいます。

  著者の西野弘章さんは、週間の分冊百科『日本の魚釣り』(アシェット・ジャパン刊/全230巻 !!)の総監修をされた方。『Walton』を立ち上げてすぐの頃、どこで見つけていただいたのか西野さんから声をかけてもらい、琵琶湖関連の記事をたくさん担当するなど大変お世話になったのでした。

  西野さんは、名門アウトドア系出版社の御出身。独立を機に房総の海辺に移住し、釣りや小屋造り、農業なども実践しつつ、その研究成果を本にまとめるという日々を送っておられます。【房総爆釣通信】https://bosobakucho.jp/

  そんな西野さんが先日出版した『超 ゼロから始める釣り入門』ですが、“写真マンガ”というユニークな手法がとられています。主人公であるイラストのキャラクターたちが釣り場の風景写真のなかで大活躍! 読み進めやすくて、楽しいです。
 親しみやすいですが、吹き出しのセリフや写真キャプション、また欄外に入っているマメ知識の1文字まで魂が込められていて、目からウロコな技法がたくさん掲載されています。

 釣りの入門者には、今の時代であってもまずはしっかりした内容の紙の入門書を一読してほしいです。『超 ゼロ〜』はタイトル通りに入門者にオススメですが、ベテラン勢でも、ふと、より身近に楽しめる釣りのレパートリーを増やしたくなる瞬間があると思うのです。芸歴の長い大人のルアーマンにもぜひ読んでもらいたい、釣りの深淵を再確認できる一冊でした。

 

 

 

2022年

6月

16日

関西テレビ「よ〜いドン!」に出演しました !!

続きを読む

2022年

5月

29日

イベントにお越しくださり、ありがとうございました

続きを読む

2022年

5月

28日

本日、イベントです

こんなんできました!(新商品のステッカーです)
こんなんできました!(新商品のステッカーです)
続きを読む

2022年

5月

28日

新刊11号、お店に並びました!

続きを読む

2022年

5月

24日

イベントの御案内です!

続きを読む

2022年

5月

18日

『Walton』vol.11、間も無く発売です!!

続きを読む

2022年

5月

13日

サツキマスフォトダービー、絶賛開催中です!

続きを読む

2022年

5月

12日

03号、売り切れました

続きを読む

2022年

2月

15日

ウォルトン物販部を始めます!

次号は鋭意編集中です。お待たせしてしまい大変申し訳ありません。ごめんなさい。

 

さて、長らく識者方より度々アドバイスいただき、また読者からの御要望も多かったオリジナルのウェアやグッズを取り扱うセクションを立ち上げることにしました。「ウォルトン物販部」と名付けましたので、みなさまどうぞよろしくお願い申し上げます。小規模で始めるしかなく、かなりの家内制手工業体制です。買い支えてほしいですが、買わなくても結構ですので、まずはどうぞストアをのぞいてやってくださいませー! 

2022年

1月

17日

第24回サカナヘンノヒトタチ展が開催されます

続きを読む

2021年

12月

09日

チェ・カヤマさん大復活です!

萱間さん、お元気でした!
萱間さん、お元気でした!
続きを読む

2021年

11月

25日

04号、完売しました。

続きを読む

2021年

11月

12日

「mami吉祥寺店」の御案内

続きを読む

2021年

11月

05日

近況報告です

続きを読む

2021年

9月

20日

久しぶりの杉田便が届きました!

続きを読む

2021年

8月

16日

バックナンバーがいよいよ減ってきました

続きを読む

2021年

7月

19日

釣り番組に出演します

続きを読む

2021年

7月

18日

カエル登場!!

続きを読む

2021年

7月

04日

琵琶湖の水遊びが楽しい季節はもうすぐ!

続きを読む

2021年

5月

28日

令和3年、琵琶湖の春に思うこと

2021年早春に、琵琶湖・北湖の西岸で釣れてくれたホンモロコです
2021年早春に、琵琶湖・北湖の西岸で釣れてくれたホンモロコです
続きを読む

2021年

3月

26日

京都鴨川、天然アユの魚道づくりの御案内です

続きを読む

2021年

3月

22日

10号読者プレゼント当選者の発表です!

続きを読む

2021年

3月

09日

10号の読者プレゼント締め切り迫る!

続きを読む

2021年

3月

07日

10号絶賛発売中!− 近況報告

「やまに料理店」さんの、琵琶湖の小鮎の甘露煮。素晴らしいです
「やまに料理店」さんの、琵琶湖の小鮎の甘露煮。素晴らしいです
続きを読む

2021年

1月

30日

あわだだしい日々ですー

みなさま、お仕事お疲れさまです。

お元気でしょうか?

 

さて、10号が出てから1週間が過ぎました。配達や発送その他もろもろで、なかなかパソコンの前に座れませんでしたが、ようやく少し座れました。もし万一、まだ本が届いておられない方がいらっしゃいましたら、御一報いただければ幸いです。

 

おかげさまで10号は好評のようです。複数のお取り扱い店様から追加注文をいただいております。ありがたいことです。遅ればせながら、これからもっともっと宣伝していこうと思っています。

 

さて、あたふたしている間に本当にありがたいことに、複数の方がネット上で紹介くださったようです。また今回初めて、動画で小誌のことを紹介いただいております(武田さんとネコさんです)。せっかくなので、リンクを貼らせてもらいます。お二方とも、ありがとうございます!!

 

◉武田サロン

https://youtu.be/M1TAoZj5lP4

 

◉ネコビジョン→動画中の「01号」発言は間違いで、正しくは10号なのであります!

https://youtu.be/-UcJdo1o0UU

 

「更新の間が空きすぎや! つまらんことでもいいから、もっと発信しろ」と友人たちから怒られてばかりです。この欄も、フェイスブックもインスタも、もう少しマメに更新していきたいところです。それでは、また。

2021年

1月

14日

10号、まもなく完成です!

続きを読む

2020年

11月

25日

釣りキチ三平の時代

 本日外出中に学生時代の釣研究会の仲間から、矢口高雄先生がお亡くなりになった旨、連絡がありました。

 小誌の読者方の中には、「釣りキチ三平」のファンがとても多いのではないかと思っています。私も、当然大好きです。小学生から中学生の頃に『少年マガジン』で連載中だったので、もろリアルタイム。ただ、好きではあったものの、当時はマニアというほどではありませんでした。むしろ少年時代より、今の方が熱心な読者かもしれません。大人になってから読み返す機会があり、あらためてそのすごさが分かりました。一平じいさんが亡くなったあたりで号泣してしまい、魚紳さんがヘリコプターであらわれたシーンは、感動以外の何物でもありませんでした。

 小誌の記事内では“釣りキチ三平世代”というフレーズを、何度も勝手に使わせてもらってきました。今にして思えば、水辺が本来の姿をかろうじて保っていた最後の時代に三平君は活躍していたのかもしれません。とにかく、少年時代の水辺での輝かしい思い出と、釣りキチ三平はリンクしています。今の少年たちにも、ぜひ読んでみて欲しい名作です。

 素晴らしい作品を残してくださった、矢口先生の御冥福をお祈り致します。